楽知会・・・石光宗眞表千家茶道・茶事教室 (つくば教室・水戸教室)

つくば と 水戸 で表千家のお茶の教室を運営する 楽知会(主宰  石光宗眞)のブログです。 初心者にも、上級者にもご満足いただける本格的な茶道教室を目指しています。 楽知会が取り組む お茶のお稽古や、お茶事関係の情報を掲載していきます。

巧匠会茶会

お天気に恵まれ、大勢のお客様にご来臨いただいて、とても良い茶会でした。楽知会発足当初は、自宅付近で催す規模の小さい茶会でも、失敗・・・失敗・・・また失敗・・・であったことを思えば、手前味噌ながら、随分成長したと思います。 ある方が「良い茶会は、空間・時間・人を支配している」 とおっしゃいました。 私たちも少しはそのレベルに近付いて、入席をお待ちいただくお客様の立場に立ったご案内ができたでしょうか。

Nさんが、茶会の写真を送って下さいました。リンクを挿入しますので、どうぞ皆様ご覧下さい。

https://plus.google.com/photos/100290029033720921723/
albums/5955050162171452257?authkey=CKbK3YqIqLzVTQ




一つ一つハードルを越えてきていますが、次なる課題は、茶会終了後の道具の仕舞い方です。茶会では、茶入れも茶碗も水指も、一点物を使います。
茶会前の準備では、可愛い我が子をお蚕ぐるみにするように、一つ一つ丁寧に包んで箱に納めています。薄い紙で包み、さらにそれを別の緩衝材で包み、がたつきがないことを確認して箱に納め、真田紐をかけ、それをボール箱にいれてから風呂敷で包みます。 輸送の途中で事故がないようにと祈りながら、二重、三重の安全策を講じています。

帰る時も、来たとき同様、道具は大切に扱っていただきたいものです。

自宅に戻ってきた茶碗は、かろうじて緩衝材で包んでありましたが、ほとんど全てが箱の中で音をたてながら踊っていました。 乾燥させるために箱から出すときに、私の口から出た言葉は 「皆さん、よくまぁご無事で」  あの梱包の方法で、一つも欠けずに帰宅できたのは、奇跡に近いと言えます。使った茶碗は、水分を含んでもろくなっていますから。

これから段々に良い道具を皆様の手に委ねていきたいと思います。 道具は大切に扱えば、後世の人にも愛でていただけます。 また、そうなるように扱うことは、制作者や所有者に対する礼儀であろうと思います。

        




巧匠会「初冬の会」会記   
                                                                              平成二十五年十二月八日
                                                                              於    茶道会館 明々軒
                                                                              主      石光宗眞
 
 濃 茶 席
 
 寄  付
   掛 物    季節のご挨拶  白露筆       宗眞表具(サリーを以て)
                                      一文字 印度金モール
                                                         中回し 白地星紋金モール
                                                                    天地  亜米利加柊紋
  
本  席
   掛 物  基督生誕の図 十八世紀伊太利亜   
                                                                  アンジェロ マリア クリベェッリ作
   香 合  萩蒔絵螺鈿聖餅櫃写      紅白紙釜敷シキテ
   点茶盤
    釜      万代屋
   水 指   雪だるま                        佐藤袋生作
   茶 入   上野香晴焼 肩衝                                                  山岡徹作
    仕 服    印度紅地金モール  紅白二点のうち(サリーを以て)
   茶 碗   伊羅保 掛分け                 キム テハン作
    服 紗   緑地天鵞絨
        替       伊羅保 伊藤麻沙人
                                                         (巧匠会会員)工房にて作成        宗眞作
   茶 杓  銘 クルス  
                               白長須鯨(五十年前に平戸沖にて捕獲)の髭を以て                                                                                                              前島秀光(巧匠会会員)作
    建 水   唐銅エフゴ
    蓋 置      南鐐柊                     萩野紀子(巧匠会会員)作
   茶    星授                                                                        星野園詰
   菓子器  一閑青漆八角喰籠                            
   菓 子  雪あかり                                                        松華堂製
                                                                                                          以 上
 

社中の一人が、自身の着ていたサリーを提供してくれたことがきっかけとなって、軸の表装 、仕服、服紗等の制作が始まりました。水指や使用した茶碗の約半数も私どもの手作りです。「楽しいお茶会をしましょう」とおっしゃる巧匠会の方々に勇気づけられて、また、そのお力とお知恵を拝借しながら、お茶の新たなる可能性を視野に席を構成させていただきました。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[08/17 お茶女]
[03/04 深大寺のそばから]
[02/28 お茶女]
[02/22 大和国より]

最新TB

プロフィール

HN:
石光 宗眞
性別:
非公開
自己紹介:
◆表千家教授 
 (表千家同門会
    東京都連合支部)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(11/19)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/13)

カウンター

カウンター