楽知会・・・石光宗眞表千家茶道・茶事教室 (つくば教室・水戸教室)

つくば と 水戸 で表千家のお茶の教室を運営する 楽知会(主宰  石光宗眞)のブログです。 初心者にも、上級者にもご満足いただける本格的な茶道教室を目指しています。 楽知会が取り組む お茶のお稽古や、お茶事関係の情報を掲載していきます。

テアトロ レッジョ・・・オープニング レセプション会場

今年のジャパンウィークは10月19日から25日まで イタリアのトリノでした
オープニング レセップション の前に 会場となった テアトロ レッジョで記念撮影
 

マダマ宮殿

お茶の会場・・・1997年に「サボイア王宮の王宮群」の名称で 世界遺産に登録されました
  

マダマ宮殿内部

世界遺産に登録されているだけあって 凄い所でした
このような所でお茶をする機会を頂戴したことは 一生の思い出
 
貴重な文化遺産を大切にするあまり
「絵に害があるといけないので、湯気が立つようなお湯を沸かしちゃダメ」
「壁に近づきすぎて壁を擦っちゃダメ」
と トリノ市からダメ・ダメ だらけのお達しが
 
ハ~ァ?  いったい どうやってお茶するのよ・・・って感じ

でも、絵から遠く離れた場所に風炉釜を置いて  ちゃーんとお湯を沸かして濃茶しちゃいました
 
会場の管理をしていた親善協会の方が
「そんなにダメだらけなら、こんなところで お茶させるなんて言うな!」
とトリノ市に対する恨み言をおっしゃっていたのが印象的
 
きっと「事故なく終わりますように・・・」って祈る気持ちで 一番緊張していたのは この方です・・・お疲れ様
 

喫茶養生記より

茶   養生の仙薬にして 延齢の妙術なり・・・お茶の原点です

濃茶点前

「どうせ飲めないに違いないから     外人には薄茶がお似合いよ」とばかりに、外国のお茶会で濃茶を召し上がっていただく発想がなかったように思います

でも、お茶の本質は濃茶にあり・・・敢えて 濃茶を試みました

以前 東京の日本語学校で「お茶を教えてほしい」と頼まれたことがあります。  その時に 理事長先生が「ほんの2~3か月お茶を学んだぐらいで ここの学生たちが 本当の意味でお茶を理解するわけではありません。 でも 本物を見ているのか、偽物を見せられているのかは 感じ取るんです。 感覚で分かるんです。  出来るだけ 本物を見せてやってください。」とおっしゃいました

今回 トリノで何をするかを考える過程で この言葉が鮮明によみがえりました
 
 

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新CM

[08/17 お茶女]
[03/04 深大寺のそばから]
[02/28 お茶女]
[02/22 大和国より]

最新TB

プロフィール

HN:
石光 宗眞
性別:
非公開
自己紹介:
◆表千家教授 
 (表千家同門会
    東京都連合支部)

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(11/19)
(12/13)
(12/13)
(12/13)
(12/13)

カウンター

カウンター